○取手市朝市実行委員会育成事業補助金交付要綱

平成23年6月15日

告示第105号

(趣旨)

第1条 この要綱は,地産地消の推進,農業所得の向上及び地域コミュニケーションの活性化を図るため,朝市等において農産物販売をする取手市朝市実行委員会(以下「委員会」という。)に対し,予算の範囲内で取手市朝市実行委員会育成事業補助金(以下「補助金」という。)を交付することに関し,取手市補助金等交付規則(昭和43年規則第23号)に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(補助の対象及び額)

第2条 この要項により,補助金の交付を受けることができる委員会は,朝市等において農産物販売をする委員会とする。

2 この要綱の規定による補助金の交付の対象となる事業(以下「補助事業」という。)は,委員会が実施する次に掲げる事業とする。

(1) 農産物の朝市等に関する事業

(2) 地産地消の推進に関する事業

(3) 農業所得の向上に関する事業

(4) その他市長が必要と認める事業

3 補助金の額は,補助事業に要した費用の一部とし,予算の範囲内において市長が必要かつ適当と認める額とする。

(補助金の交付申請)

第3条 委員会は,補助金の交付を受けようとするときは,取手市朝市実行委員会育成事業補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて,市長に申請しなければならない。

(1) 事業計画書

(2) 収支予算書

(3) 委員会規約

(補助金の交付決定)

第4条 市長は,前条の規定による申請を受けたときは,その内容を審査し,補助金の交付を適当と認めるときは,取手市朝市実行委員会育成事業補助金交付決定通知書(様式第2号)により委員会に通知するものとする。

2 市長は,前項の規定による補助金の交付の決定を行うに当たり,必要があると認めるときは,当該交付決定に関し条件を付することができる。

3 市長は,第1項の規定による審査の結果,補助金の交付を不適当と認めるときは,その旨及びその理由を委員会の代表者に通知するものとする。

(補助事業の変更)

第5条 委員会の代表者は,前条に規定する補助金の交付決定を受けた事業の計画を変更し,又は事業を中止し,若しくは廃止しようとするときは,速やかに理由を記した書面を市長に提出し,その承認を得なければならない。

(補助金の請求)

第6条 委員会は第4条第1項の規定による交付決定通知を受けた場合において,補助金の交付を請求しようとするときは,取手市朝市実行委員会育成事業補助金交付請求書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(実績報告)

第7条 委員会は,補助事業が完了したときは,取手市朝市実行委員会育成事業補助金実績報告書(様式第4号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 事業実施状況報告書

(2) 収支決算書

(交付決定の取消し)

第8条 市長は,交付決定者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは,補助金の交付決定の全部又は一部を取り消す事ができる。

(1) 偽りその他不正の手段により補助金の交付を受けたとき。

(2) 補助金を他の用途に使用したとき。

(3) 補助事業を遂行する事ができなくなったとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか,交付決定の内容及びこれに付した条件に違反し,又は従わなかったとき。

(補助金の返還)

第9条 市長は,前条の規定により交付決定を取り消した場合において,当該取消しに係る部分に関し既に補助金が交付されているときは,交付決定者に対し,期限を定めてその返還を命ずるものとする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この要綱は,公布の日から施行し,平成23年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

取手市朝市実行委員会育成事業補助金交付要綱

平成23年6月15日 告示第105号

(平成23年6月15日施行)