○取手市子育て世代包括支援センター事業実施要綱

平成30年3月30日

告示第63号

(趣旨)

第1条 この要綱は,妊娠期から子育て期にわたるまで切れ目なく母子保健及び子育てに関する相談支援等を行うことにより,子ども及びその保護者等(妊婦を含む。以下同じ。)が,その選択に基づき,保育,保健,教育その他の子育て支援に係る各種の事業を円滑に利用することができるよう,取手市子育て世代包括支援センター(以下「センター」という。)としての事業を実施することに関し,必要な事項を定めるものとする。

(実施主体)

第2条 センターの実施主体は,取手市とする。

(実施施設及び事業区分)

第3条 センターとしての事業を実施する施設及び当該施設の利用者支援事業の区分は,次の表のとおりとする。

実施する施設

利用者支援事業の区分

取手市立保健センター

利用者支援事業(母子保健型)

取手市立白山地域子育て支援センター

取手市立戸頭地域子育て支援センター

取手市立藤代地域子育て支援センター

取手市立東部地域子育て支援センター

利用者支援事業(基本型)

(事業)

第4条 センターは,次の各号に掲げる利用者支援事業の区分に応じ,当該各号に定める事業を行う。

(1) 利用者支援事業(母子保健型)(国が定める利用者支援事業実施要綱(以下「国要綱」という。)に規定する母子保健型をいう。) 次に定める事業

 妊娠期から子育て期にわたるまでの母子保健や育児に係る相談に関すること。

 対象地域における妊産婦等の状況の継続的な把握に基づく,妊産婦等の支援台帳の作成に関すること。

 妊産婦等の状況を把握するための積極的な情報の収集に関すること。

 により把握した情報に基づく母子保健サービス等の選定及び情報提供に関すること。

 支援を必要とする者に対しての支援プランの策定及び評価に関すること。

 支援を必要とする妊産婦等の早期把握及び支援体制の整備に関すること。

(2) 利用者支援事業(基本型)(国要綱に規定する基本型をいう。) 次に定める事業

 利用者の個別ニーズの把握及びこれに基づく情報の集約,提供,相談,利用支援等に関すること。

 関係機関との連絡,調整,連携及び協働の体制づくり並びに地域の子育て支援に係る資源の育成等に関すること。

 広報及び啓発活動に関すること。

 からまでに掲げるもののほか,利用者支援事業を円滑にするための業務に関すること。

2 母子保健主管課及び子育て支援主管課は,前項各号に掲げる事業を一体的に行うため,相互に緊密に連携してセンターの事業を実施するものとする。

(関係機関等との連携)

第5条 センターの事業を行うに当たっては,関係機関,団体等に対し,センターの事業を周知するとともに,当該関係機関,団体等と緊密に連携し,円滑かつ効果的に事業が行われるよう努めるものとする。

(その他)

第6条 この要綱に定めるもののほか,センターの事業の実施に関し必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この要綱は,平成30年4月1日から施行する。

取手市子育て世代包括支援センター事業実施要綱

平成30年3月30日 告示第63号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章
沿革情報
平成30年3月30日 告示第63号