○取手市国民健康保険健康優良世帯表彰要綱

平成30年10月4日

告示第173号

(目的)

第1条 この要綱は,取手市国民健康保険の被保険者(以下「被保険者」という。)の属する世帯のうち,自らの健康管理によって健康の保持増進に努めた健康優良世帯を表彰することにより,健康づくりの意識の高揚を図り,取手市国民健康保険の円滑な運営に資することを目的とする。

(対象世帯)

第2条 表彰の対象となる健康優良世帯は,次の各号に掲げる場合の区分に応じ,当該各号に定める要件を満たすものとする。

(1) 表彰を行う日の属する年度(以下「表彰年度」という。)の前年度に表彰を受けていない場合 次に掲げる要件を満たすこと。

 表彰年度の9月1日(当該日が市の休日に当たるときは,市の休日の翌日とする。以下「基準日」という。)において,取手市の住民基本台帳に登録されていること。

 表彰年度の前年度(3月診療分から2月診療分までをいう。以下この号において「対象期間」という。)において,同一世帯内のすべての被保険者が取手市国民健康保険による療養の給付等を受けていないこと。ただし,対象期間の途中で当該世帯に属する被保険者が取手市後期高齢者医療制度に移行した場合には,当該被保険者について,取手市後期高齢者医療による療養の給付等を受けていないこと。

 対象期間において,継続して被保険者が世帯に属していること。ただし,対象期間の途中で当該世帯に属する被保険者が取手市後期高齢者医療制度に移行した場合には,その者を被保険者とみなす。

 対象期間において,取手市国民健康保険税の滞納がないこと。

(2) 表彰年度の前年度に表彰を受けている場合 次に掲げる要件を満たすこと。

 基準日において,取手市の住民基本台帳に登録されていること。

 表彰年度の前年度及び前々年度(それぞれ3月診療分から2月診療分までをいう。以下この号において「対象期間」という。)において,同一世帯内のすべての被保険者が取手市国民健康保険による療養の給付等を受けていないこと。ただし,表彰年度の前年度(3月診療分から2月診療分までをいう。以下同じ。)の途中で当該世帯に属するすべての被保険者が取手市後期高齢者医療制度に移行した場合には,当該被保険者について,取手市後期高齢者医療による療養の給付等を受けていないこと。

 対象期間において,継続して被保険者が世帯に属していること。ただし,表彰年度の前年度の途中で当該世帯に属するすべての被保険者が取手市後期高齢者医療制度に移行した場合には,これらの者を被保険者とみなす。

 対象期間において,取手市国民健康保険税の滞納がないこと。

(表彰の方法)

第3条 表彰は,予算の範囲内において,表彰状及び記念品を贈呈し行うものとする。

(その他)

第4条 この要綱に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この要綱は,平成30年10月4日から施行する。

取手市国民健康保険健康優良世帯表彰要綱

平成30年10月4日 告示第173号

(平成30年10月4日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 国民健康保険
沿革情報
平成30年10月4日 告示第173号