○取手市立働く婦人の家及び取手市立勤労青少年ホーム定期利用団体に関する運営要綱

平成22年3月31日

告示第83号

(趣旨)

第1条 この要綱は,取手市立働く婦人の家及び取手市立勤労青少年ホームの設置及び管理に関する条例(昭和56年条例第31号。以下「条例」という。)及び取手市立働く婦人の家及び取手市立勤労青少年ホームの設置及び管理に関する条例施行規則(平成12年規則第56号。以下「規則」という。)に定めるもののほか,取手市立働く婦人の家及び取手市立勤労青少年ホーム(以下「ゆうあいプラザ」という。)を定期的に利用する団体に係る利用の手続等に関し,必要な事項を定めるものとする。

(定期利用団体の登録)

第2条 市長は,次に掲げる要件のいずれにも該当する団体について,定期利用団体として登録することができる。

(1) 市内に在住し,又は在勤している者であって,利用資格を有する者10人以上で構成されている団体であること。

(2) 条例第3条に規定する事業を行っていると認められること。

(3) 定期的にゆうあいプラザを利用し,又は利用する予定であると認められること。

2 定期利用団体の登録に係る募集は,年2回行うものとし,当該募集の期間は市長が別に定める。

3 第1項の規定にかかわらず,次の各号のいずれかに該当する団体は,定期利用団体として登録することができない。

(1) 取手市立公民館その他類似する市の公の施設の定期利用団体として登録が行われているとき。

(2) ゆうあいプラザの管理運営上支障があると認められるとき。

(定期利用団体登録の手続)

第3条 前条の規定による登録を受けようとする者は,ゆうあいプラザ定期利用団体登録申請書に次に掲げる書類を添えて市長に申請しなければならない。

(1) 定期利用明細表

(2) 会員名簿

(3) 会則又は規約

2 市長は,前項の規定による申請を受けたときは,その内容を審査し,適当と認めるときは,ゆうあいプラザ定期利用団体として登録するものとする。

(定期利用団体の予約の特例)

第4条 定期利用団体は,規則第4条第1項の規定にかかわらず,当該団体の活動計画に基づき,1か月につき2回以内で,6か月間の利用を予約することができる。

2 定期利用団体が1か月につき2回を超えて利用しようとする場合における申請の受付については,規則第4条の3第2項及び第3項に定めるところによる。

(定期利用団体の運営等)

第5条 定期利用団体は,第3条第1項に規定する定期利用団体の登録に係る書類に記載した事項に変更があったときは,速やかに市長にその旨を届け出なければならない。

2 定期利用団体が依頼する講師の謝礼は,1回当たり1万円以内とする。

3 市長は,定期利用団体の利用状況に関し適当でないと認めるときは,当該団体の運営について指導を行うことができる。

4 定期利用団体は,市が行う行事等及び施設維持に係る活動に対し,積極的に協力するものとする。

(公共的利用の優先)

第6条 市長は,取手市等の公共団体がゆうあいプラザを利用するときは,当該利用日に利用許可を得ている定期利用団体に対し,その利用の中止又は利用日程の変更を求めることができる。

2 前項に定めるもののほか,市長は,利用目的が公共性又は公益性が高いと特に認める場合にあっては,既に行われた定期利用団体の予約及び利用の申請にかかわらず,当該利用を優先させることができる。

(休館日との重複)

第7条 第4条第1項の規定により予約された日が規則第3条に規定する休館日と重複するときは,当該重複する日に係る予約は取り消されたものとみなす。

(登録の解除)

第8条 定期利用団体は,定期利用団体の登録を解除しようとするときは,あらかじめ市長にその旨を届け出るものとする。

2 前項の規定により登録の解除が届け出られた場合における使用料の還付については,規則第8条に定めるところによる。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか,定期利用団体の登録に関する様式その他必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この要綱は,平成22年4月1日から施行する。

取手市立働く婦人の家及び取手市立勤労青少年ホーム定期利用団体に関する運営要綱

平成22年3月31日 告示第83号

(平成22年4月1日施行)